95才フォーラム

投稿:領土問題と軍事力と戦争と….

from: lantis 2012年01月30日 13時20分 受付中 コメントする
【イラン外相、核査察に協力明言 ホルムズ海峡封鎖は否定】という新聞記事があった.表面的に,ごく単純に私なりに考えたら,“アメリカが‘儂の言うことを聞け!.聞かなければ,暴力でやっつける’と脅しをかけ,イランが‘戦ったら負けますわ.スンマヘン’と謝った”ということになる.ここで意地とか他の問題が絡まれば,熱い戦争となるのだろう.
また,Wikipediaには‘台湾の日本統治時代は、日清戦争の結果下関条約によって台湾が清朝(当時の中国)から日本に割譲された1895年(明治28年)4月17日から、第二次世界大戦の結果ポツダム宣言によって台湾が日本から中華民国に編入された1945年(昭和20年)10月25日までの時代である’との記載もある.
結局,‘領土問題というものは軍事力でどうにでも決められる’ということのようである.つまり,‘筋の問題でなく,力の問題’…………….
尖閣諸島,竹島,北方領土…,今の日本は何もすることができないのでしょうかねぇ……………?!.
(-_-)ドウシヨウモナイノカ…?!
【関連キーワード】なし
  返信数:1 | 受付中  Me too度:479 評価する:Me too! 役に立った!

カテゴリ:その他

コメントする

from: lantis (投稿者) 2012年02月04日 05時35分
追加です!
またまた…………….

====(ここから)====
【英王子、フォークランド赴任…アルゼンチン反発】 英空軍ヘリコプター部隊のパイロットで王位継承権第2位のウィリアム王子(29)が2日、海上救難訓練任務のため南大西洋の 英領フォークランド諸島(アルゼンチン名・マルビナス諸島)に到着し、同諸島の領有を主張するアルゼンチンが反発して両国間の緊張が高まっている。〜.王子派遣についてアルゼンチンは、英政府が昨年11月に派遣を発表してから、一貫して「挑発行為だ」と抗議してきた。同諸島の排他的経済水域で英企業が石油採掘を続けていることについても「新たな植民地主義」と批判し続けている。(2012年2月4日00時36分  読売新聞)
====(ここまで)====


‘ロシアのお偉いさんが北方領土を視察した’ということがあったけど,よく似ていますね?!.

戦争の発端は,国家(及び国民)間の‘もっと安全を…!.もっと豊かな(物質的)生活を…!’といった思い衝突のようですが,別の観点からすれば,領土は安全と生活の両方に関連するし,他にも文化とか権力といったものも,色々と具体的に,安全と生活の両方に関係しそうです.
結局,戦争の原因は,‘安全と生活’の観点から,それらとも関連する‘領土,文化,権力等’の観点から理解できそうです.
そして,軍事力の力学の中で必ず戦争が勃発するということのようです.
これじゃ,いつになっても戦争はなくならない…………….
(-_-)ヤンナッチャウ…


役に立ちましたか?: はい

コメントを書く

コメント:
画像のアップロード:
※ アップロードできるファイルは「1つ」までです。